ブロックエディタにするなら有料テーマのSWELLをおすすめします

  • URLをコピーしました!

去年までクラシックエディタでした。

筋金入りのクラシックエディタ派でした。

クラシックエディタが使えなくなったら、WordPressをやめる!と言ってました。

有料テーマのSANGOのダッシュボードにブロックエディタにしよう!という広告が表示され非表示にできないことに怒っていたくらいです。

それなのに、このブログでブロックエディタで書いているのは有料テーマのSWELLにしたからなんです。

目次

ブロックエディタに完全対応

有料テーマのSWELLはブロックエディタに完全対応です。

つまりクラシックエディタを使ってはいけません。

もしかするとクラシックエディタでも絶対に使えなくはないかもしれませんけど…

いまクラシックエディタを使ってるなら、次のブログを有料テーマのSWELLにしてブロックエディタではじめましょう!

クラシックエディタのままでいい

さすがに、もうブロックエディタにしたほうがいいです。

けどクラシックエディタのブログをブロックエディタに変換しなくていいです。

次のブログをブロックエディタにして少しずつ記事を書いて慣れておけば十分です。

ブロックエディタに慣れてきて、修正するときにブロックエディタにすることもあると思います。

クラシックエディタの記事か、ブロックエディタの記事か分からなくなります。

Classic Editorプラグインを使えば、どっちのエディタで書いた記事か分かります。

ブロックエディタのほうが簡単

よくブロックエディタのほうが簡単と聞きませんか?

クラシックエディタを使っていると、違いすぎて難しいんです。

けどクラシックエディタを使ったことのない人はブロックエディタのほうが簡単なんです。

クラシックエディタが使えてる人はブロックエディタが使えます。

ただただブロックエディタに慣れていないだけなんです。

まとめ

もしかするとSWELでなくてもブロックエディタにできたのかもと思います。

けれど有料テーマのSWELLはブロックエディタが使いやすいテーマです。

ブロックエディタにすると、テーマを変更することができません。

ブロックエディタではテーマの文字装飾を使うことになるからです。

ブロックエディタではAddQuicktagが使えません。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次